【革靴】ダークブラウンのストレートチップ革靴探しの旅

スーツ・革靴

悩みました

みなさんは革靴履いていますか?

ビジネスマンであれば、ド定番の黒のストレートチップはもっているかと思います。

しかし私としては、スタンダードもおさえつつ、ちょっとアクセントを加えたいなぁという思いがあり、グッドイヤー一足目は、パンチドキャップトウ?クオーターブローグ?といわれる、少し変化球のフウガシンンの靴を買いました。とっても気にいっています。

【革靴】初めての本格革靴選び!フウガシンの内羽根セミブローグを買った話
買いました最近、かっこいい靴を長く大切に履きたい欲が出てきまして、買いました。初グッドイヤーウェルテッドです。分類が難しいやつ内羽根ストレートチップという、ド定番の革靴を買おうかなと思って、銀座のワールドフットウェアギャラリーへ。公式サイト

 

次に、ビジネスの場でも履ける、ダークブラウンの靴を、と思い、プレーントウとストレートチップを1足ずつ買おう、となりました。

プレーントウは、RENDOのものを購入。これもいい感じでした。

【革靴】圧倒的なきれいさ!RENDOのダークブラウンのプレーントウダービーを買いました!
初ブラウンずっと気になっていた浅草のRENDOで買ってきました。Amazonでも売ってます。実店舗よりも安い・・・!?でもラバーソールっぽいです。 ビジネスシューズ R7704DB メンズ(amazon)でもやっぱり靴は試着したいので、実店

 

前置きが長くなりましたが、そういう理由でほしくなり、あれこれリサーチ。

ビジネスの堅い場でも履ける、ダークブラウンのストレートチップを探している方の参考になれば、と思います。

 

候補たち

ということで、私が調べたものをつらつら書いていきます!

チャーチ(コンサル)

言わずと知れた、左右非対称の靴を最初に作ったとされる、伝統あるイギリスのブランド。

結論、私はこれにしました!!記事はこちらから。

【革靴】飾らない美しさ!チャーチのダークブラウンのストレートチップを買いました!
買いましたかなり悩みましたが、買いました!!三越のお兄さん、ありがとう。最後にJMウエストンと迷いましたが、チャーチを履いてみたい!!(+予算的な意味も)という想いが勝り、チャーチにしました。チャーチといえば、イギリスの伝統的なブランドで、

それにしても、美しい!!!

 

JMウエストン(300)

これ、最後まで迷いました。

 

銀座三越にて、チャーチがよさそうだな、と思い、試着をしようとしたときに、店員さんがオススメしてくれたものです。

店員さん曰く、革質がものすごくよい(たしかに触らせてもらってきめ細やかでした・・・!)、とのこと。

しかも、幅のラインナップが豊富で、細目の私には、ぴったりサイズ、とのこと。チャーチだと、指の付け根付近でちょっとだけだぼつきがある、ようで。

うーん、さらに迷ってしまう。

しかし、以下の理由で買いませんでした。

  • 価格高い!(5万くらい違う?もう一足買えるじゃん!)
  • 何より、チャーチを履いてみたい!憧れ!
  • ジェイエムウェストンは本当の勝負靴黒のストレートチップにとっておこう!

という、自分に言い聞かせる感じで、回避。すばらしい靴であることはわかりました。

 

ジョセフチーニー

英国服や靴を販売しているBritish Madeさんの別注モデルっぽいです。

これも実店舗で見て、とてもよかったのですが、うーんこれならチャーチを買うかな、ということで、ボツ。

今は別注のブラウン(MOCHA色)は売っていないみたいですが、とりあえず黒ストレートチップのリンクは貼っておきます。黒のストレートチップもいいなぁ。

[チーニー] ストレートチップ LIME メンズ(amazon)

 

ロイドフットウェア(ホワイトホール)

古い記事ですが、こちらの画像、かっこいいなぁと思い、貼らせてもらいます。

マスターロイドのホワイトホール
オーソドックスなデザインは とにかく重宝します。

 

試着しようと、銀座のロイドフットウェアのお店まで行きましたが、在庫なし、入荷が1か月後くらいだったので、断念。

 

Eton Houseというところでも買えるみたいです。どうもちゃんとして正規のところっぽい。

だそうです。

 

オリエンタル(HARTNETT)

奈良発の、近年きているブランド。

私は丸みがかかったつま先が好きなので、ちょっととんがりすぎかな、という印象。

ということで、あまり惹かれず、実店舗で試着もなしでした。

facebookにはこんな感じの記載ありました。

バーニッシュドカーフといい、摩擦熱で焦がしをいれて、アンティーク調に仕上げています。
色味が一足一足違うため風合いもとても豊かです。

ORIENTALが展開しているブラックのボックスカーフと比べると、若干柔らかいのが特徴です。

さて、このHARTNETT、よ~く見るとアイレット(紐を通す穴のこと)の数が6つになっています。ここがこの靴のポイントです!

6アイレットは主にアメリカの靴に見受けられる意匠で、イギリス靴などでは高級ラインのモデルに採用されることが多いです。

不思議なものでよくある5アイレットの靴と6アイレットの靴を履き比べると、かなり印象が変わって見えるものです。

ブラウンカラーのストレートチップは品のあるスタイルの中にも適度なカジュアル感が打ち出せるので、職場の服務規程が厳しいというところでも履きやすいということで、こちらも黒のストレートチップに負けず劣らず大人気のモデルになっています。

World Footwear Gallaryのfacebookより

World Footwear Gallery - WFG 銀座店
【HARTNETTはブラウンカラーも人気です 】 先日紹介したORIENTALのストレートチップ、HARTNETT(ハートネット)ですが、このモデルには色違いでブラウンカラーもご用意しています。 バーニッシュドカーフといい、摩擦熱で焦がしをいれて、アンティーク調に仕上げています。 色味が一足一足違うため風合いもとて...

クロケットアンドジョーンズ(ハラム)

[クロケット&ジョーンズ] ストレートチップ ハラム ダークブラウン(HALLAM DARK BROWN BURNISHED CALF)(amazon)

これもいい感じ。

しかし、実店舗で見てみましたが、なんと、色が意外と明るい茶色!!

ということで、候補から外します。

ダークブラウンの靴の選び方で難しいのは、写真では判断できない、ということです。

私はカメラも撮るのですごくわかるのですが、明るさをどうするかによって、茶色の色味が全然違ってくるのです・・・!

なので、茶色の靴は実店舗でちゃんと色を見るべし!!という教訓を学びました。

あと、つま先のかたちとして、とんがってクールな感じが出ていたので、チャーチのほうがよいなぁと思ったもの理由の一つでした。

こんな感じで、つま先が丸ではなく、四角(スクエアトウと呼ぶようです)になっています。

YANKO

[ヤンコ] ストレートチップ ダークブラウン 14743 DARK BROWN(amazon)

これはちょっと明かるすぎ+私の細い幅の足には合わず、早々と候補から外れてしまいました。

明るめの茶色がOKでかつ、幅が広めの人であれば、予算的にもやさしいですし、いいかもですね。

 

【関連記事】

結局チャーチのコンサルにした話はこちらから。

【革靴】飾らない美しさ!チャーチのダークブラウンのストレートチップを買いました!
買いましたかなり悩みましたが、買いました!!三越のお兄さん、ありがとう。最後にJMウエストンと迷いましたが、チャーチを履いてみたい!!(+予算的な意味も)という想いが勝り、チャーチにしました。チャーチといえば、イギリスの伝統的なブランドで、

 

スーツ・革靴系の話はこちらから。

スーツ・革靴
「スーツ・革靴」の記事一覧です。

コメント