【革靴】飾らない美しさ!チャーチのダークブラウンのストレートチップを買いました!

買いました

かなり悩みましたが、買いました!!

三越のお兄さん、ありがとう。

最後にJMウエストンと迷いましたが、チャーチを履いてみたい!!(+予算的な意味も)という想いが勝り、チャーチにしました。

チャーチといえば、イギリスの伝統的なブランドで、左右非対称の靴を初めて作ったという逸話で知られていますね。

他の候補の靴は、別記事で書きましたので、そちらもぜひ。

開封してみた

まず、箱ですよ。

字体がかっこいい!

専用の?袋が入っています。シューリペアにもっていくときにも便利ですね!

ちなみに、純正シューツリーも買いました。いいですね。

撮影会

横から。かっこいい。かっこいいぞ!

正面からも。つま先の丸みがGood!!

中にもChruch’sマーク。

堂々とたたずむ、CONSULの文字。コンサルというのは領事という意味みたいです。

裏も。かっこいいなぁ。

繊細。履くのがもったいないけど、履きます。

履いてみました。すばらしい。

私は足の長さ7.5(UK)、D幅くらいなのですが、チャーチは細めの幅がないため、きつめに7.0でいきましたが、なんとかなりました。

羽根部分が開いていますが、そのうち閉じてくるでしょう、ということで。

最後に

高かったし、だいぶ迷ったけど、いい買い物ができました!大切に育てていこうと思います!!

【関連記事】

チャーチを買うまでにいろいろ悩んだ経緯はこちらから!

スーツ・革靴系の話はこちらから。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告