なんと20万円超え!私がサータの高級マットレスを買うまで

買ってしまいました

そうです、買ってしまいました。

Serta(サータ)のiSeriesのスイートピローソフト、クイーンサイズ(横幅163cm)。

こいつです。(アマゾンのリンクはダブルサイズ)

サータ マットレス iSeries スイートピローソフト 1トップ ダブル(amazon)

きっかけは引越しです。広い家に引っ越し、広いベッドがほしくなり、

どうせなら広くていいベッドで寝て、疲れをとり、充実したライフを送りたい!

と思うようになりました。

毎日のパフォーマンスを出して、全力で一日一日を生きていきたいところです。

Before

まず、買う前。

これまでもパートナーと二人暮らしをしてきたわけですが、なんと、セミダブルベッドで二人で寝ていました

二人暮らしを始めるときに、それまで一人暮らしで使っていたセミダブルベッドをそのまま使っていた、という感じです。引っ越すと何かとお金使いますからね。買えませんでした。そして今に至る。

ちなみに、IKEAで買ったやつです。3万円弱だった気がします。安い割にはいい寝心地で、お世話になりました。

そしてそして今回、クイーンサイズにしよう!とパートナーとなりまして、いざリサーチ開始です!!

マットレス探しの旅(ネットサーフィン編)

選択肢を広げまくる

メーカーによるカラー

高い買い物ですので、情報を徹底的に調べます。

「高級マットレス」とかでググると、たくさん出てきます。

いろいろとメーカーはありますが、メーカーごとに特色があるそうです。

私が調べた情報+独断と偏見で、メーカーごとにイメージを書いていくとします。(あくまで個人の意見や感覚です)

シモンズ

下で出てくるシーリーとサータと共に、3Sと言われることもある定番メーカー。

3Sはすべてアメリカの会社です。

シモンズは日本でも知名度が高く、聞いたことある方も多いかと思います。定番っていいですよね。

ということで、候補。

シーリー

テクノロジー、科学的な研究が強いメーカーです。

ホテルでの導入実績も強いですが、私はマットレス調べ始めて初めて知ったメーカーです。

ベッド・マットレスのグローバルブランド。世界60か国以上で愛用されています。

いろんな種類があります。

そういうメーカーって、知る人ぞ知るみたいでいいですよね。

ということで、これも候補。

サータ

これも知る人ぞ知るって感じのメーカー。下で詳しく書きますが、結果これにしました!

ホテルに強く、アメリカのホテル売上か何かが何年か連続で一位みたいです。ホテルクオリティ。

特にコイルの品質に定評があるらしい。

サータのマットレス一覧ページになります。サータのマットレスは、最高級のホテルを初めとする数多くのホテルに採用され、全米売上No.1。この実績は、寝心地の素晴らしさ、その製品の優秀さを如実に物語っています。

日本ベッド

ここから日本です。日本ベッドっていう名前がすごいですよね。老舗感がプンプンします。

調べてみると、宮内庁も御用達。これを買えばあなたも皇族になれる・・・!(違うか)

特徴としては、シルキーポケットという、コイルが高密度で、体の動きに対応できるよって感じです。

「Sleep as Life - 眠りから暮らしを考える」日本ベッドのマットレス、ベッドフレーム、寝具・アクセサリーなどの商品をご紹介します。皆様のライフスタイルに合うマットレスやベッドフレームなどを見つけ、日本ベッドならではの心地良い眠りをぜひ体験してください。

種類はこんな感じ。この絵は割とすんなり入ってきました。

しかし20万越えになりそうです。

シルキーポケットではないモデルだともうちょっと安くなりますが、どうせならシルキーポケットがいいなぁと思いつつ。

ということで、これは候補。

フランスベッド

名前に反して、日本のメーカー。

創業者がヨーロッパで学んで憧れがあったか何かで、わざわざフランスを社名に入れたみたいです。

特徴としてはこんな感じです。

  • 通気性がよい
  • 高密度連続スプリングで耐久性よい

特に、高密度連続スプリングについては、ライセンスの関係上、日本メーカーで唯一みたいです。

高密度連続スプリング®マットレスは客室納入実績ナンバーワン。ホテル・旅館に対する調査でも顧客満足度のトップに立つなど、プロの目で選ばれた品質の高さが証明されています。

ということで、候補です。

マニフレックス

イタリアのメーカーです。まず、名前がかっこいいですよね(適当)。

硬いマットレスで定評があり、スポーツ選手から支持を受けいているみたいです。

私の体系はスポーツマンとは真逆で、細くひょろひょろです。なので、硬いマットレスは合わないと思い、候補から外します。

筋肉質の方にとっては硬いマットレスの方が寝返りがうちやすいですし、よいかと思うので、そういった方は選択肢に入れてみるとよいかもしれませんね。

値段は10万しないくらいかと思います。

公式サイトにも、ばっちり「高反発マットレスならマニフレックス」と自分で言っちゃっていますね。

マニフレックスの公式通販サイト。トップアスリートも愛用する高反発マットレスならマニフレックス。様々な寝具(マットレス・枕・ベッドなど)であなたの眠りをサポート。腰痛・肩こり改善。オーダーメイドのマットレスも販売。

いま流行りのSDGs(環境にやさしいとか)も考えて経営をやっているみたいです。持続可能。

マニフレックスとSDGsのページです。マニフレックスの公式通販サイト。トップアスリートも愛用する高反発マットレスならマニフレックス。様々な寝具(マットレス・枕・ベッドなど)であなたの眠りをサポート。腰痛・肩こり改善。オーダーメイドのマットレスも販売。

テンピュール

泣く子も黙る、低反発の代名詞。NASA公認みたいです。

マニフレックスのところでも書きましたが、私は細型ガリガリ体型ですので、やわらかめのマットレスが合うと思われます。

なので、テンピュールは最適!と思いきや、柔らかいマットレスにも欠点はあります。どんなことでも、とらえかたによって良いようにもみえるし、悪いようにも見えますよね。

その欠点というのが・・・・・

蒸れやすい!!!

ということ。

私は代謝が良すぎるからかわかりませんが、夜中に体が熱くなり、いっしょに寝ているパートナーが困る、ということがありました。冬はいいのですが、夏は厳しいのです。

なので、候補から外しました。

ちなみに、野球の松井秀喜さんも15年愛用しているみたいです。上でアスリートは硬めのマットレスがよいと書きましたが、まぁ人によるのかもですね。あまり気にしすぎないほうが幸せかも。

硬さはいろいろ選べて、20万オーバーになりそうな感じ。興味がある人はぜひ。宇宙やNASAが好きな人もぜひ。

テンピュールのマットレスで快眠(質の高い睡眠)を。全国の有名ホテルに導入されているマットレスの寝ごこちをご家庭でも。ベッドフレームに設置するタイプからお手持ちのマットレスに重ねるオーバーレイ、床に直接敷ける布団タイプまで幅広いラインナップをご用意。テンピュール公式サイト。

エアウィーヴ

他のメーカーと違って、コイルなし。エアファイバーという独自素材を使っています。

エアウィーヴの高反発マットレスなら、カバーも中のエアファイバーも洗えて、いつでも清潔!アルコールで中まで除菌もできます。種類も豊富で、一人暮らし用からご家族用まで、快適な寝心地をサポート。ベッドも含めた買い替えもお任せください。

メリットとしては、

  • 復元性高いから、寝返りが打ちやすい
  • 洗えるのがGood

10万円は越えそう。コイルなしという新しい取り組みは好きですが、コイルがないと通気性にちょっと心配なので、候補としては微妙かなぁと。

コアラマットレス

老舗ではないですが、いま勢いがあるメーカーさんみたいです。その名の通り、オーストラリアです。

特徴としては、

  • 振動の吸収がハンパない。
  • お試し120日あり。無料!!
  • コイルではなく、ウレタン。(エアウィーヴと同じですね)

衝撃の振動吸収の説明動画がこれ。

広告的にもキャッチーでよいですよね。見習いたい。

ワイングラス倒せますか?〜力士 vs コアラマットレス編〜

私が探していたクイーンサイズは、横幅170で通常より大きいみたいです。クイーンにしては安いですよね。

魅力に感じましたが、やっぱり耐久性とかもろもろ考えて、定番のコイルのほうがよいかなぁと思ったので、候補から外しました。

アスリープ

トヨタ系なので、トヨタで培った技術を盛り込んでいるメーカーみたいです。

10万円弱、硬めらしいです。

しかーし!なんと今年2019年、生産終了になっちゃったみたいです。高い買い物なので、サポートとか不安になるので、選択肢から外します。

選択肢を狭めていく

ということで、勝手にメーカーごとにイメージを書いてきましたが、残ったのを見てみましょう。

  • シモンズ
  • シーリー
  • サータ
  • 日本ベッド
  • フランスベッド

でもでも、

結局寝てみたいとわからない!

ってことで、実店舗に行くことにしました。

マットレス探しの旅(実店舗編)

どこへ行けば試せるの?

ということで、ネットで情報収集をして、ある程度候補を絞ったうえで、行ってみました。

実際試しに寝てみよう!と思って、上記のベッドを置いているところを探したのですが、なかなか見つかりません・・・。

どうやら、すべてのメーカーを置いている販売店はほぼなく(仕入とかの関係かな?)、幕張メッセとかでやっているフェアにいくのが一番よさそう、ということになりました。

しかーし、今回は引越まで時間がなかったこともあり、ショールームにいくことにしました

選択肢をまとめると・・・

①大きなフェア・展示会

→いろんなメーカーのベッドを大量に試せてよい!しかし、遠い・・・!

②ショールーム

→ある程度いろんなメーカーのベッドを体験できる。

③メーカーの店舗

→そのメーカーだけしか見れないが、店員と深い話ができる。

それぞれメリットデメリットありますネ。

このお店に決めた!!

何個か調べてみると、ありました。私がみたいベッドすべてが置いてあるところが・・・!

行ったのはこちら。ソメイユ東京新宿ショールームさん。ここです。

染谷家具さんがやっているショールームみたいです。ここにいこうと思った理由は、

シモンズ、シーリー、サータ、フランスベッド、日本ベッドがあったからです。

他の主要すべてのメーカーまではいきませんでしたが、私が目をつけていたメーカーすべて見れる、という奇跡的な品ぞろえでした。

ショールームに行ってみた

事前にメールで登録・予約すると特典があるので、あらかじめ登録。

お店はこんな感じ。せっこう所狭しとベッドが並んでいました。

※画像は公式サイトより。

まずは、サータと日本ベッドが気になっていると伝えて、いろいろと寝ました。シモンズも寝てみました。

試したものと、感想をつらつらと。

■サータ ポスチャーシリーズ

いろんな硬さで試して、やはり柔らかめがよいとなりました。パートナーも同じ意見でした。よかったです。

Dマットレス サータ ポスチャーセレクト(amazon ダブルサイズ)

■サータ アイシリーズ

ロングセラーで、一番気になっていたもの。ポスチャーシリーズとは違って、ジェルみたいなものがトップに入っています。ジェルも触らせてもらいました。

接客していただいた店員さん曰く、このジェルの感覚が病みつきになる人もいますよ、とのこと。

パートナーはこれが気に入り、私も気に入ったので、最終的にこれにしました。

サータ マットレス iSeries スイートピローソフト 1トップ ダブル(amazon ダブルサイズ)

■サータ スーペリアデイシリーズ

サータのフラッグシップのマットレス。予算オーバーでしたが、興味本位で「試すだけでもいいですか?」とお願いして試してみました。

すると、びっくりですよ。最高なのです。

安い2万くらいのマットレスをこれまで10年弱使っていた身からすると、10万円越えは当然高いですが、これはなんとなんと、たしかクイーンで40万オーバー(高すぎてあまり記憶がない)。

ある程度のお値段から、クオリティはそんなに上がらないだろうと思っていましたが、これは違いが明らかにわかりました。このマットレスは本当にすごいです。みなさん一度寝てみたほうがいいです、ほんとに。

しかし明らかに予算オーバーなので、「将来たくさん稼いでこれを買おうね」とパートナーと約束して、断念しました。

Dマットレス サータ スーペリアデイ(amazon ダブルサイズ)

■シモンズ モデル名不明

ここからはサータがよさげ、となってしまったので、あまり詳しく書けないのですが、定番シモンズもいくつか寝てみました。当然よかったのですが、サータのジェルのやつのほうがよい、となりました。

■日本ベッド シルキーポケット

事前に調べていたので知っていましたが、店員さんも「コイル数が多くて、包まれている感じがよい」とおしえてくれました。たしかに快適でした。なんか安定感があってよかったです。

しかし、サータがベストだった・・・!

シルキーポケット(ウール入)ソフト11193クイーンサイズ 【日本ベッド】(amazon)

↑家具屋のオリジナル仕様なんてあるのか・・・?

そんなこんなで丁寧に接客いただき、しかも予算オーバーで悩んでいたら安くしていただき、最終的に買いました!!ありがとうございました!!

余談ですが、けっこう老舗的な感じで、ハロウィンの時期に行ったのですが、お店の装飾がクリスマスでした。

ハロウィンが流行ったのがここ10年くらいなので、きっと装飾がなかったのかなぁと思い、そこに親近感を覚えました笑。

みなさんもぜひ。

【関連記事】

家具や雑貨の話はこちらから。

「家具・雑貨」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告