【スーツ】販売員に頼ってかっこいいを作れる! 読書レビュー『賢いスーツの買い方』

スーツは相手への敬意

みなさんはスーツ着ていますか?

特に男性に多いかもですが、安いスーツを着てるが特に困ったことはない、という人が大多数なのではないでしょうか。

もしくは、「そもそもスーツじゃなくてよくない?」という方も多いのかもしれません。

実際私の知り合いと話していても、そういう声はよくあります。

しかし、私は思うのです。スーツとかそういったしっかりした服装・身なりというのは相手への敬意や配慮なのではないかと。

とは言っても私もスーツ量販店で安いスーツしか買ったことないです。なんとなくステップアップしたいなぁと思っていたところで、今日の本を立ち読みして、買って読んでみました。

今日の本

前置きが長くなりました。今日の本はこれ。じゃじゃん!

あまりスーツに関心がなかった男性向け。逆に詳しすぎる人なんかには、タメにならないかも。

タイトル通り、スーツの買い方についてです。こんな点で店員と話したほうがよき、など、けっこう実践寄りの本です。

販売員を頼れ!!

一番のメッセージはこれのように感じました。

買う方としては、全部の知識を持ち合わせる必要は当然ないわけで、販売員さんの力を借りるのは合理的ですよね。

ただ、そこで問題として出てくるのは、こんなことではないでしょうか。

基礎的な知識すらないため、どんなことを聞いたらよいかわからない・・・

ということで、販売員さんと具体的どういった会話をするのか、など、実践的な内容がけっこう書いてありましたので、参考になりました

やはり一番は、「どういう自分になりたいのか?」伝えて、販売員さんを味方につけることですね。

その他内容

そのほかに参考になったのは、スーツ・ワイシャツを何着、どういった種類の割合でもてばよいのか?ということです。具体的な値段まで書いてあって、一つの指標としてはよい内容でした。

ただ、モノは値段では必ずしもないので、そこはちょっと違和感ありました。私は安くて良いものを探すのが好きで、ブランドものなどをなんとなーくよいからといって買うのが嫌いなのです。

なんとなーくiPhoneにしておくかーみたいなノリも嫌いです。

話は逸れましたが、もつべきスーツ・ワイシャツの他にも、靴の選び方とか、ネクタイ結び方や、スーツの柄とか、基本的なことがいろいろ書いてあって、読んでて楽しかったです。

まとめ

スーツ初心者にはおすすめ!逆にスーツ大好きこだわり強い人にはおすすめできません!

ということで、どうぞ。

【関連記事】

スーツ関連の記事はこちらから。

「スーツ・革靴」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告