【撮影旅行】島×神社という最高の組み合わせに癒される – 吉谷神社@伊豆大島

島と神社が好きなのです

みなさんは何の写真を撮りますか?

何となく撮っていても、後で見返すと「こういう系の写真が多いな」とか、気づくこと、ありますよね?

私の場合、離島や神社の写真が多いので、たぶん好きなんだと思います。

今回行ったのはここ。「よしや」と読みます。

離島にて、散歩中にグーグルマップを見てたらふと発見しました。

ごく普通の神社

こんなこと言うと悪口のように聞こえますが、普通の神社です。

でも普通の神社だからこそ、早朝の散歩にピッタリとも言えますよね。

鳥居。よきかな。

少子高齢化と言われるなか、若者の落書きは貴重ですよね。

だからといってやっていいわけではありませんが。

ん?でも若者が落書きしたかどうかはわかりませんね。

もしかしたらおじいちゃん・おばあちゃんが仲良く落書きしている可能性もあります。

根拠なき決めつけはよくないですね。気をつけます。

急な階段。影がきれいだったので、のっぽ影自画像を撮ってみました。

ちなみに神社の説明はこんな感じ。

火山の神を祀っているようです。男児が女装するようです。なんだか変態な響きがしますね。

360度カメラで遊ぶ

シータっていいデザインですよね。撮りがいがある。

神社って神が通るみたいなデザインがされていて、きれいですよね。

お賽銭を内部から見る経験ってないですよね。360度でご堪能あれ。コイン投げられる側の気持ちがわかります。

よい撮影スポットだったなり。

今日の撮影機材

今回は写真を全くやらない友人との旅行だったので、軽くズーム一本でいきました。

【関連記事】

早朝の散歩についてはこちらから。

今回の大島旅行プラン全体はこちらから。

離島に関する記事はこちらから。

旅行記はこちらから。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告