WordPressのバージョンをプラグインを使ってダウングレードしたよ

Webサイト

WordPressのバージョンを上げたら、投稿の更新ができなくなってしまいました。

詳しくはこちらから。

https://mistercreativesquirrel.com/json-response/

 

直接サーバをなんやかんやする方法もありますが、そのへんに弱い私みたいな方は、プラグインで逃げるべし!!

 

ということで、使ったのはこいつ。

WP Downgrade | Specific Core Version
バックエンドから直接、WordPress の目的のバージョンに自動的にダウングレードまたはアップデートを行うことができます。

 

これまでリリースされてきたバージョン一覧をみて、「ふむふむ、ここまで戻そうじゃないか」の確認をして・・・

Release Archive
Download Releases This is an archive of every release we’ve done that we have a record of.None of these are safe to use, except the latest in the 6.0 series, wh...

ここまで戻したい!というバージョンを入れて・・・

※今回はアップグレード前そのものに戻してみます。

 

変更を保存と、英語のボタンをポチポチ~と押し・・・

※edit download URLとやらは、よくわからないですが、ダウンロードしなくない人はチェックしなくていいんじゃないすかね。(適当)

 

そしたらダッシュボード画面に飛ぶので、

 

できたー!!

 

今回は作業したいことがあったので、取り急ぎダウングレードしてみましたが、なんかセキュリティとかまずそうなので、すぐにまたアップグレードするとします。

 

P.S.

結局、Wordpressのバージョンダウングレードでは、やりたいことを全く解決できずでした。

そこで、これと同じことをやりました。このときは5.0だけど、今回は5.3。改善されていないのか。

自分のブログに助けられるとは。

過去の自分、ありがとう。

WordPress5.0のエディターが使いづらくてとりあえず使うのをやめた話
ひどく不便このWebサイトはWordpressで作っているわけですが、このたびバージョンアップして、5.0にしました。そしたらEditorが変わりました。その名も、Gutenberg(グーテンベルク)。グーテンベルクもびっくり。新しいもの好

 

【関連記事】

Webサイト系の記事はこちらから。

Webサイト
「Webサイト」の記事一覧です。

コメント