【撮影テクニック】売れる写真を撮るためには? 

売れたい売れたい

売れるための写真、みなさん撮りたいでしょうか?

私は取りたいです。それで稼ぎたいですね。

中には、「好きに取れればいいじゃん」と思う方もいるかもしれません。それはそれでよいと思いますが、やはり人に褒められたり認められたりしたいですよね。

Adobeの記事がおもしろかったので紹介。

詳しくはリンク先でですが、かんたんに要約しておきます。

有益な情報

【①光】

■売れる写真
→買う人はだれ?
→広告とか、何かクライアントのために作る人
→(1)情報を伝える写真(地名とか)、(2)イメージを伝える写真(感情とか心に訴えかける)

■光の方法
①順光→情報を伝える写真に向いている
②逆光→感情向き
③斜光(サイド光)→陰影ができて印象的に

【②時間】

■シャッタースピード
高速 : 1/500 秒以上→はっきりな印象
標準 : 1/30 秒 ~ 1/250秒
スロー : 1/15 秒 ~ 数分→やわらかい印象

【③色】

■ホワイトバランス
彩度→黄色とか赤は色飽和を起こしやすい

■色の印象

【④造形】

■質感
ゴツゴツ、ザラザラ、とか。

■絞り
あける→やわらかい印象
絞る→かたい印象、風景とか

【⑤明暗】

・人間は、明るいところから暗いところへ視線が移る

・シャドウ部を意識すると、メリハリがある

・白とび→戻せないから、撮影時に注意

・黒つぶれ→ある程度補正できる

こういう勉強はガンガンしていきたいところです。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告