【撮影旅行】一面の雪景色を撮影したい! – すみかわスノーパーク@宮城

宮城

被写体としての雪山

みなさまは雪山、撮っていますでしょうか?

雪山って絵になりますよね。

でも雪山で写真を撮るってなかなか機会がないのではないでしょうか。

スキーやスノボに行っても写真はあまり撮りませんよね?

でも私は撮るのです。写真を載せながらスキー場撮影の良さを語っていこうと思います。

2017-2018の年末年始はここに行きました。

宮城県のすみかわスノーパークです。

景色がすばらしかったです。

出発

仙台から車で1時間ちょっとという近さなのに、こんな感じの素晴らしい景色が車から見えてきます。

もう少し行くとこんな感じ。

ひたすら雪があるゾーンに突入します。こういう道ってワクワクしますよね。

スキー場

スキー場はこんな感じ。

絶景です。

 

穴場撮影スポット①:駐車場

意外と穴場。駐車場からの景色がすばらしかったです。

行く機会あればぜひのぞいてみてください。

落ちたら死ぬとこなので、くれぐれもご注意を。この写真の向こうは思いっきり崖でした。

絶景の写真は撮りたいですが、無理をしてはダメですよね。

このへんです。下の赤枠の部分から矢印の方向に見る感じです。

全体像は公式サイトからどうぞ。

マウンテンフィールド宮城蔵王すみかわ
すみかわスノーパークは標高が高く“さらふわ”の雪質で、沢山の楽しみ方が隠された懐の広いスキー場です。「テレインパーク」はアイテム、整備ともに充実していて楽しみながら上達していける設計になっています。 雪上車で行く「バックカントリー」は、整備されたゲレンデに物足りなさを感じている方には最高の優越感が味わえます。 スキー、...

穴場撮影スポット②:昔のリフト

もう一つ穴場絶景紹介。

こんな景色。

もうね、こういうシーン大好きですよ。

かつてはリフトとして大活躍していた機械が、いまは全く使われず、まるで時計の針が止まったかのようなシーンです。(考えすぎ?)

 

ちなみに場所はここ。図の左上の赤で囲った部分です。

ちょっと左向けばかんたんに見つけられます。ぜひどうぞ。感動します。

 

今日の撮影機材

滑りながらミラーレスカメラで撮影するというちょっとあぶないことをやってきました。

こういうとき、アクションカムがほしい・・・!

SONY ミラーレス一眼 α6000 ボディ シルバー ILCE-6000 S(amazon)  

ソニー SONY 標準ズームレンズ Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS ソニー Eマウント用 APS-C専用 SEL1670Z(amazon)

最後に誰もいない夕方のゲレンデの写真を貼っておきます。

きれいだなぁ。

 

【関連記事】

夜の雪景色撮影散歩の記録はこちらから。

【撮影旅行】夜の雪景色を撮ろう! – 氷点下2度での戦い@宮城
滅多にない機会夜の雪景色、みなさま撮ったことありますか?冬に寒い地方に旅行に行くと、夜はホテルでゆっくり温泉でも入って・・・ということが多いのではないでしょうか?しかしカメラマンとして、それでいいのでしょうか!?というわけで、夜の雪景色撮影

そもそも、スキースノボが好きではないのです・・・。笑

なぜスノボは楽しくないのか?嫌いでもいいじゃない!
先日友人とスキー・スノボ旅行に行って、ふと気づいたことがあります。「できない」と「苦手」は違うということです。みなさん、スキー。スノボは好きですか?私は正直苦手なのです。言い換えると、あまり楽しくないのです。まずスノボですが、ほぼできません

論理的にスノボに行かない理由も考えてみました。

スノボに行きたくないすべての方へ・・・行かない理由を真面目に考えてみた
行きたくない・・・みなさんはスノボに行ったことはおりますか?私はあります。でも、全く滑れませんでした。なので、「もう行かなくていいや」と思っていたのですが、困ったことに、誘われるんです。「スノボに行こうよ!」という悪魔の言葉で。そんなことも

旅行記はこちらから。

旅行
「旅行」の記事一覧です。

 

コメント