【革靴】靴磨きの基礎の基礎を学ぶ!『靴磨きの本』読書レビュー

今日の本

最近革靴にハマっています。

今回読んだ本はこれ。

靴磨きの本(amazon)

筆者は、路上で靴磨きを初めて、失敗もしながらあれこれ学んでいった方のようです。

ネットの情報も有益

本を読んで情報収集するのもいいのですが、ネットでもけっこう有益な情報を得ることができます。

最近よく見ている、靴づくりをしている人のブログ。とても参考になるし、想いが伝わってきて、好感がもてます。このブログも熱意・想いをもって運営していきたいなぁ。

靴を作る人が靴について発信するブログ

本の話に戻ります。

ネットですでにいろいろ調べていた私には不要でした。

ただ、別にこの本自体が悪いというわけではなく、初心者向けなので、ある程度知っているよって人には不要って話ですね。

用品の話から、シューケア・鏡面磨きのやり方など、丁寧に書いてありました。

いい確認にはなったかと思います。

これから靴磨きを始めようとする方はぜひどうぞ。

ただ、シューツリーを入れるタイミングについては、この本では一晩おいて水分を飛ばしてからシューツリーを入れるとありましたが、これ、間違いかもです。私が靴を買ったお店の人は、革のかたちが崩れるのは水分が蒸発するときなので、即シューツリーは入れたほうがよいと言っていました。

実は以前、私も一晩おいていたのですが、いまは即シューツリー方式です。

ということで、気になる方はどうぞ。

靴磨きの本(amazon)

【関連記事】

スーツ・革靴系の話はこちらから。

「スーツ」の記事一覧です。

ビジネス系の読書レビューはこちらから。

「ビジネス」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告