【今日のお酒】ガツンとくる衝撃ビール! – インドの青鬼

容赦ない感

これ、私かなり好きなビールです。

かなり主張してくるので、まるで鬼に殴られたかのような強いインパクトです。(例えが下手すぎる・・・?)

スーパーで260円くらいで少し高かったですが、神戸旅行中で特別感を出したかったので、よかったです。

パッケージのデザインもGood。

飲んでみて

まず、飲んだ瞬間は、「よくある柑橘系の上品な甘さだなぁ」と思わせておいて、後から苦みがドカンときます。

びっくりしました。

私はドライ系のビールが好きなので、これは相性がよかったです。

インドの青鬼のルーツを探る

さて、なぜにインドの青鬼なのか、という話ですよ。

パッケージにはこう書いてありました。そっくりそのまま引用。

アルコール度が高く、ホップを

ふんだんに使った

インディア・ペールエールは、

18世紀の英国で、長く過酷な

インドへの航海のために、

劣化しにくいビールとして作られました。

そんなルーツを持つ

「インドの青鬼」は、驚嘆の苦みと

深いコクで飲む者を虜にします。

“魔の味”を知ってしまった

熱狂的なビールファンの為のビールです。

いい文章です。しかも、その通りかなという感じ。

製造会社は、最近きている、ヤッホーブルーイングです。

インドの青鬼の詳しい説明も、公式サイトに書いてあります。

まとめ

ということで、好き嫌いが分かれるビールですが、私は大好きでした。

みなさんはどうでしょうか?試しに飲んでみるとよいと思います。

インドの青鬼 [ 350ml×24本 ] クラフトビール IPA インディアペールエール(amazon)

【関連記事】

お酒に関する記事はこちらから。

「ビール」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告