【現代アート】重すぎる展覧会・・・!ボルタンスキー展に行きました

アートに求められること

みなさんはアートに何を求めてますか?

例えば絵画なら、みて「きれい!」と感動したりしますが、現代アートはどうでしょうか?

けっこう難しくてよくわからず、とっつきづらいイメージがある方も多いと思います。

今日のベストアート

乃木坂の国立新美術館でやっている、ボルタンスキー展に行ってきました。

一部だけですが、写真OKでした。

感想を一言で表すと・・・

重い!!!

でした。

私が特に気に入った作品は、こんな感じ。

スイス人の亡くなった方々の写真を集め、それをブリキ缶に貼り付けて、ひたすら重ねた作品でした。

写真は撮れなかったので、他のサイトから。

引用元:

ただ人の顔の写真を貼って並べただけなのに、不思議と気持ちが伝わってきた気がしました。

人のパワーってやはりすごい、というのを実感。これがもし人ではなくモノの写真なら、ここまでパワーがある作品にはならなかったと思います。

スイス人である理由としては、スイスは永世中立国なので、戦争とはかかわりが薄い国において、あえて死をテーマにしたかったみたいです。

余談ですが、スイスでは新聞に亡くなった方の顔写真が載るらしく、それを使った作品とのこと。なんで載せてるんだろう。

その他のアート

写真OKだったところのを載せておきます。続きは行ってみてくださいね!

切り絵的なやつ。

雪の中に風鈴みたいなやつを作るというクレイジーな動画。

黒い服の山。上の顔は亡くなった方々で、過去にも他の作品に出演してくれたみんな。なんか深いなぁ。

うさんくさい来世、きらいじゃないです。

最後に

見終わって疲れました。でも、これこそ現代アートの醍醐味かと思います。見て、ただ単に「きれいだね~」で終わってしまったらアートとしては価値はあまりなく、人の心を動かすことがアートかなぁと感じました。

最後に、私が撮った写真、足。これは現代アート!?

【関連記事】

アートに関する記事はこちらから。

「アート」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告