【北欧風家づくりへの道】結局家は賃貸と持ち家どっちがよいのか?私なりに考えてみた

永遠のテーマ

持ち家か賃貸か、これは永遠のテーマかと思います。

正解はないので、人それぞれ。

でも、人生でぶち当たる問題。

です。

結論としては、私は中古マンションを買いました

がしかし、、、

基本的には、賃貸派

なのです。

なぜかというと・・・

住宅ローンは結局借金!!

だからです。

不動産会社の人とかは、言葉巧みに、「賃貸と比べて毎月の支払額は変わらないですよぉ~」とか言ってきますが、そこじゃないのです。

今後同じ会社にずっと務めるかわからないですし、コロナウイルスみたいに、ある業種が壊滅的になったり、、、、

何がどうなるかわからない人生です。

そうなると、持ち家で住宅ローンをくみ、何十年も払い続けないといけないのは、リスクでしかありません

一方で賃貸は、何か不測の事態が起きたときに、家賃が低い別のところに引っ越すなど、柔軟な対応ができます。家族が増えたり減ったりしたときも、柔軟に変えられます。

あと、かの有名な『金持ち父さん貧乏父さん』の本を読んだ影響も大きいかもしれません。

そのなかでも、家とか車を買うのは負債を抱えるだけなので、やめておけ、という趣旨の記載があった気がします。

まだ読んだことない方はぜひどうぞ。おもしろい本です。

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学(amazon)

それでも私が持ち家を買った理由

ここまで賃貸のすばらしいところを書いてきましたが、結局私は買いました。

なぜか・・・?

それは、こういう流れでした。

  • 子どもが生まれる
  • 広い家がほしいな~
  • 家賃の相場を調べてみる
  • 高いよ!!!!
  • 妻の家族が近くにいるので、エリアは変えたくない

これは住みたいところにもよると思いますが、私の住みたいエリアで、私の収入では、ムリでした。

ということで、中古マンション買ってリフォームしましたが、まぁ最高でした。

【関連記事】

中古マンションの記事はこちらから。

まとめ編はこちらから。

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告