【撮影旅行】一晩中オーロラハンティングできる村! – サンタクロース村@フィンランド

ツアーに参加するか問題

オーロラを見に行った方なら直面する問題、ツアーに行くかどうか。

やはりカメラマンたるもの、自分で見つけたいという欲求があります。あと、ゆっくり撮影したい。

ということで、ツアーに行こうかと迷ったけど、割と高いし、時間短いし、自分で探せばよいかってことで行きませんでした。

今回は、フィンランド北部にある町、ロヴァニエミのサンタクロース村に宿泊したので、そちらでオーロラハンティング!!

暗いところが・・・ない?

受付の方に聞いたら、駐車場の方が暗いのでは?となったので散歩していきました。

しかしそこも、それなりに明かりが。

ということで、宿の近くで定期的に外に出て、探すことにしました。

オーロラツアーに参加させるためにあまり暗くしてないのだろうか・・・?

場所探しの旅

周りはこんな感じ。そこそこの暗さ。

そしてアプリも準備。Auroraっていうアプリを使います。

緑色のところが見え可能性がある圏内!入ってるよ!

見えた!・・・けど?

結論から言うと、ちょっとだけは見れました!

右下の方に薄っすらと、わかりますでしょうか??

あとあと写真で見ると大して写ってないように見えますが、これが撮れたときの喜びはすごかったですよ。

これもうっすら全体に緑のが見えますか?

北の方に出ることが多いので(上の二枚もそう)、北を中心に、各方面で20秒以上で撮りまくることが大事です。肉眼では白い雲くらいにしか見えないので。

で、見つけたら大きくなることを祈りつつ、撮るって感じですね。

あとは、見れなかったので、天体撮影をやってました。

これはこれで楽しかったです。

泊まったとこ+星空。

意外と明るい、サンタクロース村。

メインで撮っていた駐車場から。星がきれい・・・!

駐車場はこんな感じでした。真夜中に写真撮っているのは私だけでした。

静かでよい。

木と星も絵になりますよねぇ。

明け方まで粘りました。

オーロラなのかわかりませんが、きれいだったのでヨシ!

これもきれいでした。明け方雲なのかオーロラなのかわからないのが速いスピードで流れていきました。なんか不思議な時間でした。

売店でカップラーメンを食べるなどの休憩もしつつ、何度も外に出て、仮眠をとりつつやりました。(妻はあきらめて先に寝てましたが)

温かさが身に染みる!

まとめ

ツアーに参加しないで自分で探すメリット・デメリットを考えてみました。カメラマン目線です。

<メリット>

  • 自由に休みながら一晩中できる
  • 三脚とか使うなら周りの目を気にせずできる
  • 安い(タダ)
  • 時間がかからない(ツアーはだいたい郊外にバスで行く)
  • 楽しい(複数人いる場合)

<デメリット>

  • あれがオーロラだ!って判別してくれる人がいない
  • 体力的にきつい
  • 寒い

参考になれば幸いです!

私の結論としては、お金に余裕があるならツアーに行って、見れなかったら、夜中自分でがんばる、かなと。

今回の撮影機材

夜景やオーロラは広角大口径レンズで!

SONY ミラーレス一眼 α6600 ボディ ブラック ILCE-6600(amazon)

シグマ SIGMA 16mm F1.4 DC DN※ソニーEマウント 16MMF1.4 DC DN C SE(amazon)

【関連記事】

この日の撮影スケジュールはこちらから。

弾丸旅行 今回の10日あまりのフィンランド滞在、拠点となる宿はヘルシンキでしたが、「オーロラが見たい!」ってことで、1泊だけ北部のロヴァニエミへ。 以前アイスランドに行ったとき、天気が曇っており、オーロラは晴れないと見れないとわかったので、今回は晴れた日を狙って飛行機+宿を直前にとる作戦。無事に予約とれて、行ってきまし...

フィンランドに関する記事はこちらから!

「フィンランド」の記事一覧です。

その他海外旅行はこちらからどうぞ!

「海外」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告