なぜスノボは楽しくないのか?嫌いでもいいじゃない!

先日友人とスキー・スノボ旅行に行って、ふと気づいたことがあります。

「できない」と「苦手」は違う

ということです。

みなさん、スキー。スノボは好きですか?

私は正直苦手なのです。言い換えると、あまり楽しくないのです。

まずスノボですが、ほぼできません。こないだレクチャー受けながらやってみましたが、できませんでした。

それで楽しくなくて苦手というのは自然なような気がします。

一方でスキー。こちらは小さい頃にたくさんやっていたこともあり、できます。

でも、好きではないのです。

なぜか?

まず、スキー・スノボは滑っているときにあまりコミュニケーションがとれず、一人になることが多いということです。ずっと並走するわけにはいきませんからね。

それなら、一人で行きたいと思うわけです。

先日も飽きてしまったので、カメラをぶら下げて写真を撮ることをメインとしていました。こういった別の楽しみを見つけるアプローチもありですよね。

話を戻すと、先日いっしょにスキー・スノボに行った友人にこの話をしたところ、彼らは「できる」ことが楽しいと言っていました。

スノボはほぼ全員初めてでしたが、だんだん自分ができるようになっていくプロセス自体が楽しいと。

でも私の感覚では、うまく滑れたところで、「で?」という感じなのです。難しくいうと、うまく滑れる価値ってどこにあるの?って話です。

わかりやすい例でいくと、スノボがうまくなって女の子にモテたい!という願望があればそれは大きな価値です。華麗なすべりとスピードでオリンピックに出て人々を魅了する、というのはすばらしい価値です。

しかし、私が滑れるようになって誰かが喜ぶのかな?、と考えたときに、私はイメージできなかったのです。

ウインタースポーツに限らず、私は人よりかは得意なことは多いのですが、価値を感じられないというのは多いです。

例えばバスケはうまいですが、そもそも相手を蹴落とす系のスポーツは好きではないのです。

でも、それはそれでいいと思うのです。別にみんなスキー・スノボが好きになる必要なんてないんですよ。人間だもの。

以上、スノボができない言い訳でした~。

【関連記事】

スキー場での撮影記録はこちらから。

[blogcard url=”http://mistercreativesquirrel.com/sumikawa-snow-park/”]

夜の雪景色撮影散歩の記録はこちらから。

[blogcard url=”http://mistercreativesquirrel.com/night-snow-scene-at-zao/”]

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告