【NAS】OneDriveではネットワークドライブで同期できないという制限事項が不便すぎる件について解決策を考えてみる

ひどすぎる?制限事項

OneDriveのWindows10標準の機能で、フォルダ自動同期をしようとしたときのこと。

私はNASを使っているので、そのネットワーク上のフォルダを指定しました。

そうすると、こんなエラーが。

そもそもエラーメッセージがわかりづらすぎるのですよね。Microsoftってこういう不親切なとこありますよね。

ちなみに使っているNASは、QNAPのこれ。スーパー便利です。

のちのちわかりましたが、

ネットワーク上のフォルダをOneDrive同期対象フォルダに指定できないのは制限事項

のようです。

何という不便さ!マイクロソフトー!!

情報を集めてみる

せっかくの機会なので、いろいろ調べてみました。

マイクロソフト公式ページ。

引用元

Troubleshoot problems uploading files to OneDrive or SharePoint such as invalid characters in file names, blocked files, or files with specific permissions.

ネットワークドライブまたはマップされたドライブをOneDriveの同期場所として追加することはできません。

だってさ。制限事項。

ニーズがないのか、技術的に無理なのか、よく背景はわかりませんが、「できません」だけではなくてもっと突っ込んで記載してほしいところですよね。

困っている人もいるわけですから。

ちなみに過去に(2015/7)質問も挙がっていましたが、マイクロソフトの社員の回答もイマイチです。

引用元

Windows 10 Insider Preview 10162のOneDriveの最初の設定でフォルダーを選択する際、別のファイルサーバー(Windows Server 2008 R2、ACなし)より接続しているネットワークドライブを指定すると、題記エラーメッセージが出て接続できません。 類似の症状をWebで検索し、...

もうちょっと頑張るそぶりくらい見せたほうがよい気がするのは私だけでしょうか。

解決策①:がんばる

無理やりがんばる方法はあるようです。

このあたりのページに書いてありました。

OneDrive 同期クライアントを使ってネットワーク フォルダを同期させます。 同期クライアントのセットアップ中に 場所の変更 でネットワークフォルダを指定しても、「選択した場所に OneDrive フォルダーを作成することができません」 というエラーになります。 まずは普通に同期クライアントをセットアップした後で、...
MicrosoftのOneDriveは、インターネットクラウド上に文書や写真などのデータファイルを保存できるオンラインストレージサービスです。オンライン上のOneDriveとPC上のOneDriveフォルダーを同期させると、相互にデータの共有が可能になります。例えば、PC上のOneDriveにファイルを保存すると、自動...

シンボリックリンク、CID情報、といった小難しい単語が出てきます。

私のように理解があまりできていない人はこういうことはやらないほうがよいので、パス。

解決策②:QNAPユーザのアプリを使う

QNAPで提供しているアプリを使用すれば、同期できました。

こっちの方がかんたんかつ安全です。

アプリが最新でないことでできていないというトラブルも過去にありましたが、今は問題なく動いています。あっぱれ。

気づいてしまった QNAP使っています。こいつです。 これまでずっと快適に使っていたのですが、ふと気づきました。 バックアップができていないと。 先月くらいまではできていましたが、失敗していました。 無事解決できたので、他に困っている人の助けになればよいなぁ。 現象 この画面で実行を押すと、一度は実行中となるのですが、...

【関連記事】

NAS関連の記事はこちらから!

「NAS」の記事一覧です。
スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告