ディープラーニングって何に活かせるのさ?グーグルの事例より

はじめに

最近、人工知能とかディープラーニングとか、流行ってますよね。ビジネスでも、とりあえず「うちの製品は人工知能使ってますよ!」と言ってればいい感はありますよね。

でも、学びたいなぁと思いつつ、技術的に難しいこともあり、一歩が踏み出せない人も多いかと思います。

今日の本

ということで、

「ディープラーニングって何それおいしいの?」

「どんなことができるようになるの?」

って思っているそんなあなたにおすすめです。

ディープラーニングって結局何なのさ?

図にするとこんな感じ。あくまでざっくり。

たくさん具体的な事例が出ていてさらさらーっと読めました。

ディープラーニングで何ができるの?

事例はこんなのが出ていました。

  • グーグルホーム
  • 自動運転
  • 省電力
  • 画像認識→グーグルフォト
  • QuickDraw→書いた絵をAIが当てる
  • ディープドリーム→入力された絵を元に新しい画像
  • マジェンタ→芸術作る
  • 動画読ませて読唇術
  • 自動でメール返信候補出す
  • 迷惑メール判別
  • WAVENet→合成音声やピアノ
  • API→テンソルフロー

メモ程度なので、詳しく知りたい人は調べてみてくださいね。

逆に苦手なこととして、金額計算など1円ずれるとダメなものなどが挙げられていました。

あくまでデータがたくさんあって、選択肢がたくさんあるような複雑な問題を解決するのにディープラーニングは有効なようです。

ディープラーニングって何の役に立つの?

ビジネスでの応用例もいくつか。

個人的には技術とかではなく、ここが一番関心が高いので、おもしろかったです。

◆安藤ハザマ

→トンネルの写真撮って、岩盤の硬さ判定。火薬の量の判断。

◆オークネットIBS

→中古車の部品画像分析で、査定早く正確に。

実現できた理由は、オークションの写真たくさん保持していたから。

◆エアロセンス

→ドローンからの画像分析。資材置き場の量や、風車のブレード破損確認。

◆peach

→運行案内を電話で24時間案内。音声で出発地と到着地を尋ねて案内。

◆三井住友

→カード不正利用検知。

うーん、おもしろいですね。

最後に

ということで、おすすめです。

改めて思いますが、Googleというのはすごい組織だなぁと。

一日くらいでさくっと読める手軽さもGoodですね。

【関連記事】

スポンサーリンク
広告




広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告